皆さんこんにちは。
寒波到来のニュースが流れていますが、
体調管理しっかりしましょうね。
最近は多少具合が悪くても病院に行かない人が増えているそうですね。

今回は私の友人の話になります。
彼女はもともと産科で助産師として働いていていました。
が、コロナの影響で病院を休職したとの連絡が来ました。
詳しく話を聞いていると、
産科の人はもともと24時間体制で働いているので
コロナ対応の病棟にに回されやすいのだそうです。

彼女は子供3人のシングルマザー。
一番下の子はまだ小学生。
なので、コロナ病棟に回されてしまうと、
家にも帰れなくなるし
彼女が倒れてしまうと子供たちが途方に暮れてしまう事になる。
それは余りにもリスクが大きすぎるというのです。
そこまでは小名情屋として納得の話でした。

が、そこから耳を疑うような事実がありました。
親が病院で働いているというだけで
学校で子供がいじめられてしまうのだそうです。
親が医師や看護婦だという事を隠して生活している人も少なくないそう。
周りの大人が子供に
病院関係者の子供はコロナかもしれないから
一緒に遊ばない方がいい
と言っている人もいる。

親としては子供が自分のせいでいじめられるほど
悲しいことはありません。
なので、彼女は病院に休職願を出し、
今は近所のお惣菜屋さんで働いています。
全くの畑違いの仕事で大変だとは思いますが、
明るく元気にしていました。
収入は3分の1以下になってしまっているそうなのですが
親として子ども一番で考えた末の結果。
そのお惣菜屋さんの面接も
元看護婦としてではなく、
病院のお掃除のおばさんでしたと、
ウソをつかなくてはならなかったのだそう。

何とも切ない話でした。
自分の身内がコロナや病気になったとしたら
助けて欲しいと願うはずなのに、、、
今現在元気なことから医療関係者に対しての偏見が大きく、
自分さえよければという考えを感じてしまう、、、。
そういう親に育てられた子供たちが
また大人になって子供を育てて、、、。

そんな未来を考えるようになったのは
この時代のせいなのか
それとも歳のせいでなのでしょうか、、。

看護婦



★筆者から
沢山あるブログの中からこのブログを拝読頂き、ありがとうございます。

ブログ村ランキング参加中
応援よろしくお願いします。